特定健診実施医療機関
特定保健指導実施医療機関
認定産業医名簿

HOME > 健康情報
健康情報
■健康情報

Myカルテ

胎児期から始める健康手帳!(只今製作中です)

各学会が掲載している一般向けの情報です。(こちらから)

  • 香川県感染症情報
  • 西讃感染症情報
    • 2019年 第33週(R元/8/12~8/18)
      2類感染症結核(高松1件、東讃1件、西讃1件) 4類感染症日本紅斑熱(西讃1件)
      ■定点把握対象感染症の発生状況
      • 手足口病の流行警報が続いています。 石けんと流水でしっかり手洗いをして、タオルやコップの共用は避けましょう
      • 感染性胃腸炎(ウイルス)の報告が続いています。 調理や食事の前、トイレの後には、こまめな手洗いをこころがけましょう。
      1. 手足口病の報告は、県全体(12.1→5.6)で減少しているが、小豆地区(47.0→9.0)、西讃地区(27.5→12.5)で定点当たりの患者数が警報レベル(5.0)を超えている。その他の地区でも定点当たりの患者数が警報終息基準値(2.0)以上であり、流行が続いている。
      2. 感染性胃腸炎(ウイルス)の報告は、県全体(5.0→3.3)で減少している。
      3. 咽頭結膜熱の報告は、県全体(1.0→1.4)で増加している。
      4. ヘルパンギーナの報告は、県全体(1.2→1.0)で減少している。小豆地区(9.0→4.0)では定点あたりの患者数が減少しているが、警報終息基準値(2.0)を超えており、流行が続いている。
      5. A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の報告は、県全体(1.6→0.9)で減少している。

    • 2019年 第32週(R元/8/5~8/11)
      5類感染症 侵襲性肺炎球菌感染症(高松1件、西讃1件)
      ■定点把握対象感染症の発生状況
      • 手足口病の流行警報が続いています。 石けんと流水でしっかり手洗いをして、タオルやコップの共用は避けましょう
      • 感染性胃腸炎(ウイルス)の報告が続いています。 調理や食事の前、トイレの後には、こまめな手洗いをこころがけましょう。
      1. 手足口病の報告は、県全体(17.0→12.1)で減少しているが、すべての地区で定点当たりの患者数が警報レベル(5.0)を超えている。
      2. 感染性胃腸炎(ウイルス)の報告は、県全体(4.3→5.0)で増加している。
      3. A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の報告は、県全体(1.5→1.6)で増加している。
      4. ヘルパンギーナの報告は、県全体(2.4→1.2)で減少しているが、小豆地区(13.0→9.0)では定点あたりの患者数が警報レベル(6.0)を超えており、流行が続いている。
      5. 咽頭結膜熱の報告は、県全体(0.5→1.0)で増加している。

    • 2019年 第31週(R元/7/29~8/4)
      5類感染症クロイツフェルト・ヤコブ病(西讃1件)
      ■定点把握対象感染症の発生状況
      • 手足口病の流行警報が続いています。 石けんと流水でしっかり手洗いをして、タオルやコップの共用は避けましょう
      • 感染性胃腸炎(ウイルス)の報告が続いています。 調理や食事の前、トイレの後には、こまめな手洗いをこころがけましょう。
      1. 手足口病の報告は、県全体(20.9→17.0)で減少しているが、すべての地区で定点当たりの患者数が警報レベル(5.0)を超えている。
      2. 感染性胃腸炎(ウイルス)の報告は、県全体(4.1→4.3)で増加している。
      3. ヘルパンギーナの報告は、県全体(3.6→2.4)で減少している。
      4. A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の報告は、県全体(1.1→1.5)で増加している。
      5. 伝染性紅斑の報告は、県全体(0.9→0.9)で横ばいで推移している。西讃地区(1.5→2.7)では増加し定点当たりの患者数が警報終息基準値(1.0)を上回った状態が続いている。

    • 2019年 第30週(R元/7/22~7/28)
      2類感染症 結核(中讃 1 件 、西讃 1 件)
      ■定点把握対象感染症の発生状況
      • 手足口病の流行警報が続いています。 石けんと流水でしっかり手洗いをして、タオルやコップの共用は避けましょう
      • 感染性胃腸炎(ウイルス)の報告が続いています。 調理や食事の前、トイレの後には、こまめな手洗いをこころがけましょう。
      1. 手足口病の報告は、県全体(17.4→20.9)で増加し、すべての地区で定点当たりの患者数が警報レベル(5.0)を超えている。
      2. 感染性胃腸炎(ウイルス)の報告は、県全体(4.7→4.1)で減少している。
      3. ヘルパンギーナの報告は、県全体(3.9→3.6)で減少している。
      4. A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の報告は、県全体(1.1→1.1)で横ばいで推移している。
      5. 伝染性紅斑の報告は、県全体(1.1→0.9)で減少している。西讃地区(3.0→1.5)では定点当たりの患者数が警報終息基準値(1.0)を上回っており、流行が続いている。